« ♪甘く危険な香り | トップページ | どんなにきみがすきだか あててごらん »

2014/01/23

神のみぞ知る

昨日、一つの訃報を聞いた。原発事故の後九州に引っ越した人の間でも、地元の人の間でも有名な人だった。44歳の突然の死に私を含め残された人たちは、驚きとともにやりきれない思いを抱えていると思う。

癖のある人だった。猛烈に頭のいい人だった。私は会えば挨拶をする程度の知り合いだったのだが、間もなく311から3年を迎えようとしている今、大きなショックを受けている。

3年たつと、九州にやってきた人たちの間にもさまざまな変化が起きてきて、この頃皆自分の事で精いっぱいのようだ。あの震災を思い心を合わせて何かする元気もなかなか湧かない中、このひとつの死を、単なる個人的な出来事ととらえるかそうではなくとらえるか。人それぞれだろううけれども、私はこの意味を深く受け止め考えたい。

人間の寿命は神のみぞ知ることである。予想だにしない突然の明日が、いつやってくるか人には分からない。だからこそ、せめて後悔のないように、気付いた事があればすぐにそれをやってみる、過ちはすぐに直す。そうやって暮らしていこうと、改めて思う朝である。

|
|

« ♪甘く危険な香り | トップページ | どんなにきみがすきだか あててごらん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/58994165

この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知る:

« ♪甘く危険な香り | トップページ | どんなにきみがすきだか あててごらん »