« 若葉 | トップページ | 花子とアン »

2014/04/14

ジルベルトとかぜ

うつろなる五月、という佐藤春夫の詩を中学生の頃習った。なんだかこのごろ忙しすぎたせいか、気持ちが落ち込んできて、今日はそのタイトルを思い出す。そんな疲れた気持ちを癒してくれるのは、桜が終わったこの土地の晴天の日の、気持ちの良い風である。 こんな日には、布団をベランダに三つ並べて干せるようになった。引越しは大変だったけど、広い部屋に移ってよかった。

ジルベルトとかぜ

ジルベルトとかぜ

マリー・ホール・エッツ たなべいすず

冨山房  1975-08-05
売り上げランキング : 260957


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
疲れた時には気の合う人に会い、気に入ったものに囲まれ、のんびりするのがよいみたい。今日はお休み。夕方友だちのところにマッサージしてもらいに行こうと思う。たけのこご飯を炊いたので、大好きな人たちに夜食べてもらおうと思う。そして枕元には、この大好きな絵本。『ジルベルトとかぜ』。私の大好きな絵本の一つ。 明日には疲れた気持ちが、少しでも癒えるといい。今日これから、心安らかに過ごせるといいな。

|
|

« 若葉 | トップページ | 花子とアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/59467533

この記事へのトラックバック一覧です: ジルベルトとかぜ:

« 若葉 | トップページ | 花子とアン »