« 心の平安 | トップページ | 山を仰ぐ »

2015/04/21

せめて・・・平和に暮らしなさい

昨日のいざこざが、朝になっても堪えている。ヘルペスらしき兆候もあり、こりゃまずい本当にストレスでまいっているなぁと思う。目眩も完全には治っていないし、困ったものだ。季節もよくない。昨日のように蒸し暑いのは、若い頃から大の苦手である。

疲れていると、我が身の不運を嘆く気持ちが抑えきれなくなる。そういえば北陸の町で暮らしていたとき、知り合いと一緒に「不幸自慢」をして笑った。そんなことを思い出すなんて、我慢が限界に近づいている証拠だと思う。こっちで出会ったシャーマンに、あなたは一生家族のことで苦労すると言われたが、負けるもんか。こんなのもう沢山だ!

普段はにこやかに暮らしていても、家庭ではストレスまみれで不幸そうな私は嫌いだ。こんな私を見ていては、娘は幸せになれない。私だって生きてて良かったって思う人生を送りたい。穏やかな幸せが欲しい。まずは、肩の荷を下ろしてほっとできる場所を見つけること。それが私には必要だ。

今日は横浜の知り合いに荷物を出そう。私のことを忘れずにいてくれる人たちに、夏には会いに帰ろう。もうすぐ二十歳になる子のことで、振り回される私とはさようなら。せめて・・・平和に暮らしなさい、って聖書にも書いてあるもの。

|
|

« 心の平安 | トップページ | 山を仰ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/61471496

この記事へのトラックバック一覧です: せめて・・・平和に暮らしなさい:

« 心の平安 | トップページ | 山を仰ぐ »