« せめて・・・平和に暮らしなさい | トップページ | 野の花 »

2015/04/23

山を仰ぐ

体調を崩したことで自分の重荷を嘆く気持ちが抑えられなくなり、考え込んでいたら、こんな事を思い付いた。私は困っている。私が今欲しいのは助けである。ではその助けはどこから来るのだろうか。

気持ちが弱ると涙腺が弱くなり、何度かふとした拍子に涙が溢れた。涙が出るのは格好はよくないが、悲しかったり感動のあまり泣けるのはいいことなようで、その度に心が軽くなった。信頼できる人に悩みを打ち明けたのも良かったようだ。

問題の根本的解決は容易ではないが、心の慰めになること、違う角度から物事を考えるきっかけは、思いがけないところからやってきた。それは私が住んでいるこの街の、とても近いところから。

以下、旧約聖書 詩編121より。

「1 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。

2 私の助けは、天地を造られた主から来る。

3 主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。

4 見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。

5 主は、あなたを守る方。主は、あなたの右の手をおおう陰。

6 昼も、日が、あなたを打つことがなく、夜も、月が、あなたを打つことはない。

7 主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。

8 主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。 」

|
|

« せめて・・・平和に暮らしなさい | トップページ | 野の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/61480524

この記事へのトラックバック一覧です: 山を仰ぐ:

« せめて・・・平和に暮らしなさい | トップページ | 野の花 »