« 熊本に戻ってから | トップページ | 記憶の断片 ―地震前― »

2016/06/01

私の居場所

私は今年の初め、数か月後に熊本地震に遭うなど夢にも思っていなかった。だから平凡に、今年は任期が切れて美術館の仕事をやめるので、それからあとどうしようかと考えていた。そういう心の動きをせめてこのブログに残そうとか。しかし娘の受験があって落ち着かず、なかなか記事の更新ができないまま被災。今に至る。

この写真は、ブログを始めた頃に隣の庭のユスラウメを収穫したときの1枚。平和で穏やかな記憶がつまっているので、気に入っている。時を経て土地は変わり地震に遭っても私は、再びこんな時間を過ごせたらいいと思っている。

24165_101390289903845_4982665_n

それには私の居場所が必要だ。家の中は余震に備え、いまだ本棚の荷物が床に幾つも積んである。そのせいで机に腰かけることもない。だからかもしれないが、事務仕事がはかどらない。礼状も出せないまま、blogの記事も更新できないまま。これでは今死んだら後悔する。先週の木曜、息子の住んでいたアパートの荷物は運びだした。罹災証明は昨日受け取った。判定は「半壊」だった。今は東京に身を寄せた息子に証明書を送ったら、私は通常運転に戻りたい。

今日から6月。地震からひと月半が過ぎた。もう本棚に本を戻そう。非常時から抜け出そう。私の居場所ができたなら、たまった仕事をやっつけよう。時には家に人を招いてお茶を飲もう。恐れも嘆きも苦しみも、私にはもう必要ない。

|
|

« 熊本に戻ってから | トップページ | 記憶の断片 ―地震前― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/63714333

この記事へのトラックバック一覧です: 私の居場所:

« 熊本に戻ってから | トップページ | 記憶の断片 ―地震前― »