« 経糸を張る | トップページ | 蚊帳 »

2018/06/04

温泉・人情・ホタル狩り

熊本市の水源・江津湖に程近いところに住んでいるというのに、初夏の風物詩のホタル鑑賞をしないまま6年。私はなんと勿体ないことをしていたのだろう。
~・~・~・~・~
昨日はちょうど夕方用事を終えた娘と合流し、久しぶりに玉名のてんすいに行った。海岸線を走り丘を上って20数キロ。時刻は6時をまわっても空は明るい。さすがに6月。夏至も間近である。

ここは空と海を眺めながら入れる露天風呂が最高なので、年初に海外の友人を案内した。しばらくぶりの来訪。レストランの料理がどれも美味しいことも魅力。お腹が空いていたので、温泉の前に娘はカツ丼、私は鶏南蛮定食を注文。楽しみにしていたトマトと豆腐の揚げ出し定食が終わっていたのは残念だった。

満足の夕食のあとはお風呂。期待にたがわぬ景色でゆっくり、このところの疲れを洗い流し風呂上がり。あまりに熱いので冷たいみかんジュースを2つ買って飲もうとしたが、売店レジに人がいない。トイレにでも行ったのだろうとノンビリ待つ私たちに、通りがかった地元の人全員が「あれどうしたかね?呼んできてやろうか。」と心配して声を掛けてくれたことに感動した時に、熊本に初めて来た頃も、こういう出来事にいちいち感動していたのを思い出した。

さて、予想通りトイレから戻ってきたスタッフさんからジュースを買って飲み、車に乗って温かい心と体で長いドライブも何のそので自宅近くまでたどり着いた。このまま帰るには勿体ない夜風の気持ちよい宵である。さて?と考えたとき思い浮かんだのが、念願のホタル狩り。ここで話がやっと最初に繋がるわけ。
~・~・~・~
県立図書館辺りに車を停めて、暗い蹊で一瞬困ったら、娘が友人と日中探検したことがあると言ってすぐに芭蕉の森へ案内してくれた。明るい駐車場からすぐの場所にこんなに静かな場所があるとは、まさかの驚き。そしてそこに広がる幻想的なホタルの光たち。思い出すのは、横浜時代に参加した蛍合宿。懐かしい人たち。懐かしい色々。

心動かされ癒された日曜日。忘れられない1日に感謝♪

« 経糸を張る | トップページ | 蚊帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/66793064

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉・人情・ホタル狩り:

« 経糸を張る | トップページ | 蚊帳 »