2016/06/08

2016年3月 岩手へ

今年の3月に、友人を訪ねて岩手県に行きました。盛岡観光ガイド→☆

岩手県では今年国体があるそうで、あちこちでわんこそばのキャラクタ―がついたポスターを見かけました(→☆ )。でも私は同じ名物でもわんこそばではなく、じゃじゃ麺に挑戦。白龍(バイロン)のカワトク分店にお邪魔しました。美味しくて楽しかったです。平民宰相・原敬生家近くにある鉈屋町に泊まったのもいい思い出。 →盛岡町屋体験宿泊  

翌日は小雪が舞い寒い寒い朝でした。熊本では桜が咲いているのに、東北はまだまだ春は遠いと思いました。私は車に乗せてもらい、盛岡から遠野を通り釜石へ。時は春の選抜野球大会。21世紀枠で出場した釜石高校の応援で、町は盛り上がっているようでした。町は東日本大震災から5年で、随分元気を取り戻したように見えましたが、私たちはさらに進んで大槌町()へ。

993567_1064959603546904_475788551_2

大槌町は、浜辺から見えるところに蓬莱島というひょうたん形の島がある、三陸の小さな町でした。ここはあの東日本大震災の大津波によって、町が根こそぎ破壊されてしまいました。あれから5年。これが今の大槌町の写真です。墓地がある丘から全景を写しました。中央に多くの行方不明者を出した役場が、そのままの姿で建っているのをみとめられます。山の方の仮設住宅には、今なお多くの方がお住まいだと聞きました。盛岡から沿岸部へゆく道も整備され、国体のための工事が盛んな岩手県ではありますが、暮らしが元通りにならない人たち取り残されたようになっていることに、私は少なからず衝撃を受けました。~案内してくださった方のあの日の記憶を、途中休憩した遠野の風の丘で伺いました。誰にでも一人一人のかけがえのないストーリー(物語)があるということを、しきりにおっしゃっていました。~津波に飲まれた人もそうでなかった人も大きな傷を負い、それを抱えたまま暮らしている現実は辛すぎます。この土地で幽霊の話がよく聞かれるというのも、うなずけます。

歴史をひもとけば、これまで何度も津波が襲った町に、いくら土地をかさ上げするとはいえまた同じ町を建設することの是非が、検討されなければならないでしょう。震災を機に人々の心を押しつぶした瓦礫は、今はもうありません。あの瓦礫広域処理騒ぎはなんだったのでしょう。九州で聞いた話と、東日本大震災の被災地で感じたことには、随分隔たりがあると私は思いました。

駆け足の旅でしたが、最後は光原社を案内していただき満足しました。光原社といえば宮沢賢治。この絵本、私はそういえば持っています。

注文の多い料理店 (日本の童話名作選)
注文の多い料理店 (日本の童話名作選) 宮沢 賢治

偕成社  1984-06
売り上げランキング : 103182


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

盛岡や遠野は、若い頃から一度は訪れてみたい場所でした。今回はそれらのほかに友人のはからいで、遠い大槌まで足を延ばすことができ、現地で被災者支援をしている方々とも知り合うことができました。たった一泊でしたが、忘れることのできない旅になりました。というのはこのあと4月に、私は思いかけず熊本地震を経験することになったからです。

3.11岩手・大津波の記録 〜2011東日本大震災〜 (

)

3.11岩手・大津波の記録 〜2011東日本大震災〜 (<DVD>) IBC岩手放送

竹書房  2012-03-01
売り上げランキング : 297262


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/02/24

水色の物語

「水曜日に開封してください」と私のもとに届いた手紙。差出人は、熊本は赤崎水曜日郵便局。水曜日まで待って開けてみると、そこには若い女の子の物語がつづられていた。

話は私がとある日曜日に、熊本の芦北にある つなぎ美術館 を訪ねたところにさかのぼる。あの日私は、高速を飛ばして津奈木町まで出かけ、美術館にあったポストに手紙を投函したのだった。水色にキラキラ光る海のある小さな町を見下ろす丘にケーブルカーでのぼり、ひととき思いをはせた。その思いを綴った手紙は、どこの誰にとどいたのだろう。興味が広がる。なんて素敵なプロジェクトだろう。

このプロジェクトは「赤崎水曜日郵便局」 という。海に浮かぶ赤崎水曜日郵便局に自身の水曜日の物語を送ると、知らない誰かの水曜日の物語が送られてくるというちょっと不思議なアートプロジェクトです(この紹介文は、『赤崎水曜日郵便局』の公式ブログより)。

赤崎水曜日郵便局
赤崎水曜日郵便局 楠本智郎 つなぎ美術館

KADOKAWA/角川マガジンズ  2016-01-27
売り上げランキング : 104300


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は、慰めのハートもそうだけれど、こういう物語が好きである。誰かの気持ちが誰かに届く、誰かの物語が違う誰かに届く。こういう繋がりによって、人が慰められたり元気が出たりする。そういうことが、なんだかいいなぁと思うのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/02/19

♪春よ来い

仕事が5時に終わって外に出ると、まだまだ明るいので驚いてしまう。熊本城周辺は、今度の日曜日に開催される第5回熊本城マラソンのゴール地点なので、設営が始まった。昨年は甥が出場したので、応援が楽しかった。思えばあれからあっという間の1年だったと、これまた驚いてしまう。

私は今は求職活動中。ハローワークに行ったり、ここぞと思うところを調べに行ったり、応募書類を書いたり、何かと忙しい。もう若くはないので贅沢は言えないが、今までの経験を活かせる職場に繋がるとよいなと思う。

明日は金曜日だ。なんとか乗り切れば週末である。今度の休みは、阿蘇の水源まで行きたいな。それから温泉にも入りたい。今年は知り合いが出ないので、マラソンで賑わう市内から脱出したい。そうして春を見つけたいな。

♪春よまだ見ぬ春迷い立ち止まるとき、夢をくれし君の眼差しが肩を抱く(松任谷由実)。

SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-
SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-松任谷由実 荒井由実

EMIミュージック・ジャパン 2007-03-07
売り上げランキング : 45611


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/09/23

お彼岸の通潤橋




Photo



Photo_2

親戚の葬儀があり、子どもと一泊で信越地方に行ってきました。新幹線と特急の旅。忙しくて大変でした。

その次の日は勤務。子どもたちは家にいたけれどぐったりしていた様子。そして昨日は、娘が気疲れしてお休み。風にあたりたいというので、一緒に阿蘇山のほう~山都町と南阿蘇に行ってきました。

通潤橋がそれはそれは美しく、黒澤明の「夢」の一場面のようでしたよ。心のよどみを水が流してくれたような一日に感謝でした。

************************

葬儀の時ホテルで娘が「ママ頑張って連れてきてくれてありがとう。」と言ってくれたのが嬉しかった。家にたどり着いてから息子が「お通夜お疲れ~。」と声をかけてくれたのが嬉しかった。

家族で助け合って、これからも頑張ろうと私は思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/07/30

くまもとの旅

妹は先に東京に帰りましたが、母はまだこちらに滞在中です。それでせっかくなので、県内の色々なところに行きました。

天草には一泊で行きました。おっぱい岩という観光名所があることを、今回初めて知りました。本渡の民宿に泊まり、おいしいお魚料理を食べられたのでよかったです。天草キリシタン館丸尾焼を楽しみました。

別の日には阿蘇の高森で、田楽料理を食べました。その後足を伸ばして、山都町の通潤橋五老ヶ滝を母に見せることができました。

この頃仕事が終わって家に帰ると、母が洗濯物を畳んでおいてくれたり、夕飯を作って家族4人で食べるのが嬉しいです。そうするとやはり、一緒に暮らせなくなったことが悲しくなります。問題はいろいろありますが、母がまた孫に会うために、休みのたびに遊びに来てくれたら安心できるなぁと思っています。間もなく帰京予定。私が東京まで送っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/11/25

小春日和~こうのとりのゆりかごによせて~

昨日の九州はとても穏やかな日差しの降りそそぐ、平和な一日でした。

Ichokumamoto1450091_6432897290472_2


このところ、心も身体も不調で元気がなかった私ですが、ようやく落ち着いてきたようです。昼休みに外に出て、この綺麗な青空と急に色づいた銀杏の葉の黄色を見て、すっかり癒されました。

そういえば今日11月25日の夜、TBS系でドラマ「こうのとりのゆりかご」(←詳細はここをクリック)が放送されます。熊本には赤ちゃんポストを設けた病院があります。生命が守られるように、事情があって子どもを育てられない親のために、匿名で赤ちゃんを預かるシステムができあがるまで、それからを描いたドラマだそうです。

これからも、なんとか心を砕いて子どもを守り育てる仕組みが整っていくことを、私は願ってやみません。支える側に立つ人たちと知り合い私も少し関わったことで、さらに思うところは色々あります。どんな子どもでも健やかに育つことができる環境が整うようにと祈る、雨の熊本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/26

天草の思い出

この間の天草旅行の写真を3枚載せます。

旅をした二日間、天草は熊本県一番の暑さで39度を記録しました。

◆綺麗な夕陽を見ました(下田温泉近くより)。

Img_0082

◆夕食の一品。ガラカブ(カサゴ)の煮つけ。煮汁を付け汁にするのが、素麺の一般的な食べ方だそうです。

Img_0088

◆翌日は、西海岸の十三仏公園から、美しい海を眺めました。眼下の白鶴浜には夏になると、ウミガメが産卵に来ていたそうです。今はどうなんでしょう?

Img_0094

このあと、大江の天主堂に行き、恩師のために祈りました。美しい教会でした。シスターとお話をしました。本当はそのあと津崎の天主堂にも行きたかったのですが時間切れ。次の機会にしたいと思います。

行き帰りの車では、懐かしいCDをかけました。みんなの歌のベスト盤です。♪なつやすみのおさかな という歌が収録されているこのCD。懐かしい思い出があるこの歌を聞きたくて、オークションで買い求めたものです。子どもたちは初めて聴くので新鮮だったようで♪なつやすみのおさかなの他、♪虫歯の子どもの誕生日と、♪ドラキュラのうたには大笑いでした。細川たかしの歌う♪ヘドラーの歌も笑ってしまって、私はそのお陰で長距離運転でも眠くならずに済んだのでした。

Img_0097

楽しい夏の計画は終わってしまいました。息子は熊本滞在最後の夜にも、こんなに美味しそうな料理を作ってくれました。実際美味しかったです。またこの次も、元気でやってきてゆっくり過ごしてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/05

♪アフリカに行きたい

夏休み。空港や駅は、旅行客でにぎわっている。観光地も大混雑だ。私の夏休みは、お盆のあと。まだしばらく間がある。家族でどこにいこうか、ぼんやり計画を考えていた今朝のこと。

COBALT HOUR

COBALT HOUR 荒井由実

EMIミュージック・ジャパン 2000-04-26
売り上げランキング : 2181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

荒井由実時代のユーミンの曲・♪アフリカに行きたい(↑COBALT HOUR 収録)が思い浮かんだ。夢のような話だが、銀色のセスナに乗り、遠くアフリカに行けたらいいだろうな。現実には、アフリカには問題が山のようにあるわけで、夢見られる状況ではないのだろうが。

*****

現在CMで話題になっているのは、同じくユーミンの荒井由実時代の名曲♪ひこうき雲。「風立ちぬ」のテーマ曲である。映画は1920年代から30年代にかけて、戦争に翻弄される青年の夢と愛の物語。若い命が消えて行く話だ。

風立ちぬ サウンドトラック 風立ちぬ サウンドトラック
読売日本交響楽団 久石譲

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2013-07-16
売り上げランキング : 104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひこうき雲 ひこうき雲
荒井由実

EMI Records Japan 2000-04-25
売り上げランキング : 220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*****

現代は人口の増加に伴い、一人ひとりの命の重さは考えようによっては軽くなっているのかもしれない。でも誰にでもかけがえのない人はいるし、その生死の問題は大問題である。命が失われたら、二度と戻らない。高い空の上から見下ろしたら、人間なんてちっぽけな点のような存在だろうけど、点のひとつひとつにも大事な夢があり愛があり、命がある。疎かにされていい訳はない。

*****

戦争や命の問題を考える8月は、まだ始まったばかり。明日は広島の原爆記念日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/07/19

しぇからしか

関東にいた時に、鹿児島出身の方の奥さんが教えてくれたラーメン屋が、「しぇからしか」だった。まだ小さかったうちの子どもたちを車に乗せて、その家族がラーメン屋に連れて行ってくれたのは随分前である。九州の豚骨ラーメンが当時のわが家では珍しかったので、みんな大喜びだった。

昨日職場で、「しぇからしか」って方言の意味が分かるか?と聞かれて、ラーメン屋の記憶が甦った。私は、言葉は知っているけど意味は知りませんと答えたのだが、そうしたらそれは「うるさい」っていうとき使うのよ、と教えてもらえた。そうだったのか。

熊本の人はよく「~だけん」、「~ばい」と語尾に付ける。そういう方言なのだ。話題のくまモンの歌を聞くと、なんとなく雰囲気が分かる気がする。くまモンはこの頃、全国的に有名になっているけど、どうしてそんなに人気が出たのか不思議なのは私だけか?熊本に住んでいるともういつの間にかなじんでいるけど、ほんわか可愛いキャラクターではない気がするので。

   ♪くまモン体操(←ここをクリック)

熊本弁といえば、この間元の職場の人たちと食事をしたとき教えてもらったのは、この3つ。

①とっとっと

②すっすっす

③たったった

また、「あとぜき」という方言は今では知っている人も増えてきた。このような言葉に限らず、引っ越してきて一年もたつと、熊本の文化が色々分かってきて面白い。

***************

さて、今日も暑い。クマゼミがしゅわしゅわ鳴いている。私は午後から仕事だが、午前中に参議院選挙の投票に行ってこようと思う。子どもは今日で1学期が終わりだと登校した。お城のそばの野球場では、高校野球の予選もどんどん進んでいる。私たちの本格的な夏はこれからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/05/14

芦北へ

今日はシフトが合って休日だった先輩と一緒に、職場の方の実家まで梅もぎに行った。場所は芦北。熊本から高速道路で1時間ぐらい走っていくと、左手に美しい球磨川が見えた。やがて有明海が右側に開けて、その美しさに歓声をあげた。あとから聞いたら、そこらへんを走る肥薩おれんじ鉄道に乗ると、不知火海を臨む景観は本当にため息が出るほどなんだそうだ。…今日の待ち合わせはJAのマーケット・でこぽん。その店で、デコポンアイスをたった200円で食べてニコニコ。あとは焼き海老がとても安く売っていたので購入した。

駐車場で待っていると、ほどなく職場の方(同じチームの先輩)と合流できた。そこから案内していただいて、さらに山の方に車を走らせてお宅に到着、ご両親に挨拶をした。予想通り、感じのよいご家族であった。噂のワンちゃんともご対面。お~なんと愛らしいワンちゃんだろう。~それから庭のパラソルの下のテーブルで、イチゴと豆乳のシェイクをいただきひとやすみ。この時間の流れ。空気の美しさ。5月の風の中で陽の光を浴び、命の洗濯になった。

それから収穫作業に入った。早速作業着と帽子をお借りし、着替えてから畑へ。たわわに実る梅を、どっさり持ち切れないほどもいだ。梅の木なら、私の背の高さでも届くのであった。その時遠い記憶が甦った。昔実家の隣の庭で、スラウメを採ったことを。

それからお父様特製の石窯で焼いたピザ、ダッチオーブンのご飯、イカとジャガイモの蒸し煮、タケノコの含め煮や先輩が作ってきた鶏の唐揚げ等、山ほどご馳走をいただき満腹になった。もう明日から、制服はワンサイズ上でないと入りそうもない。

Img_0003 【全てお土産】

食事のあとは、エンドウ豆、ツタンカーメンの豆、スナップエンドウをとって、イチゴを摘んで、他にも野菜を沢山いただいて帰宅。梅や大根やパセリなどは、隣の友人におすそわけ。青梅は、明日会う友人に半分分ける。うちはきっと、梅シロップと梅酒にする。やがて娘が学校から帰ってきて大喜び。2人そろって美味しい笑顔で、感謝感謝の食卓となった。

さてこれから、いただいたフキと豆を料理する。この豊かな一日は、疲れた私を癒してくれた。あふれる恵みをいただいて、今はただただ「神さまどうもありがとう」という気分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧