« うぐいす | トップページ | 君の名は »

2006年7月 1日 (土)

「E.T.」

「ホームアローン2」を借りてきてね、と子どもに言われていたのに、レンタル屋では貸し出し中。仕方ないからいろいろ眺めて、以前から子どもたちと観たいと思っていた「E.T.」を借りる。

家に帰る途中でJpclub_1905_1079743 お菓子を買って、準備万端。本当は他に、「ネバーエンディングストーリー」と「オズの魔法使い」も借りたんだけど、子どもたちが選んだのは思惑通り「E.T.」。

面白かったなあ。最後の自転車が飛ぶシーンでは大笑い。楽しかった。この映画は、大学受験で苦しんでいるとき、推薦で合格していた同級生が、「気分転換で見てくれば?」と親切にすすめてくれた映画である。私はその申し出を、「いいご身分ですこと!」とひねくれて受け取り、もちろん映画なんか見に行く暇なんかなかったので、以来すっかりいわくつきの映画となっていたわけである。

こうして子どもたちと一緒に見ることが出来て、今日はしあわせなだらだらとした土曜日になった。満足~。

« うぐいす | トップページ | 君の名は »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こっちにも迷い込んできました。
映画、いいですよねぇ。E.T.もいいです。
ぼくも映画は好きで、牧師館のほうでも映画を見たら書くようにしてる。最近ドタバタして観てないけど。
E.T.はイエス・キリストが無意識のうちにモデルになっている、という話聞いたことありますか?

投稿: 三十番地の牧師 | 2006年7月 4日 (火) 02時06分

牧師さんへ。
>E.T.はイエス・キリストが無意識のうちにモデルになっている

ひゃ~そんな話は知りませんでしたよ。三十番地の図書室にある『シネマで読む新約聖書』とかに出てるんですかね。面白いと思いますね。E.T.は復活しましたものね。なるほど~。

投稿: ののか | 2006年7月 4日 (火) 12時28分

天からやってきて、シングルマザーのところに現れ、子どもを助けるでしょう。そして、午後3時ごろに死に、そしてそのあと復活し、天に帰る。。。という筋書きが非常に聖書に似ている、ということを関西学院の栗林先生が指摘していましたよ。

投稿: 三十番地の牧師 | 2006年7月 4日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「E.T.」:

« うぐいす | トップページ | 君の名は »