« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | ヨンゲソムン »

2009年10月17日 (土)

カインとアベル

昼寝していたら、なんだか大きな音がしたので目が覚めた。

そばで母が、新しい韓国ドラマを見始めていた。それは、

    カインとアベル

カインとアベルといえば、旧約聖書の創世記に出てくる、アダムとエバの息子たちの名前だ。兄であるカインは、妬みからアベルを荒野で殺してしまう。人類最初の殺人である。

そのあまりにも有名な話をタイトルにもってきたからには、兄弟の心理劇がドラマの中心になるはず。やはり主役は、兄弟の医者である。父親からの愛をたっぷり受けた弟と、疎遠にされた兄がいる。この設定だけで、今後の展開が楽しみになる。

私は用ができたので、初めも終わりも見そこなった。明日母にゆっくりと、ドラマの続きを聞くとしよう。


« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | ヨンゲソムン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ののかさん、こんにちは。
私はこのドラマをすでに、熱中して見終わっておりますが、旧約聖書の殺人事件?をののかさんのブログで知りました。
荒野で殺人、これは確かにドラマにも似た場面がありましたね。そうかぁ。そういう事だったんですね!!ありがとうございます。
 ハン・ジミンちゃんが、相変わらずあか抜けない頑張り娘の役で、とても可愛らしくて切ないので、どうぞ期待してご覧になってください。

投稿: サンママ | 2009年10月19日 (月) 19時24分

サンママさん、コメントありがとうございます。
今日2話を見たのですが、ハン・ジミンちゃん、ちょっとかなり今までにないあか抜けない役どころで、ちょっと見ていて苦しかったです。
でも、健気な様子、不幸な境遇が最後にわかって、今後が楽しみになってきました。
ソ・ジソプは、「バリ出来」でしか知らない私には、とてもいい印象でした。またドラマ界に帰ってきてくれてありがとう!って思いましたよ。

投稿: ののか | 2009年10月19日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/46511854

この記事へのトラックバック一覧です: カインとアベル:

« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | ヨンゲソムン »