« アンデルセン・ストーリーズ | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »

2009年10月15日 (木)

犬とオオカミの時間

母が毎朝見ている韓国ドラマ、今日は一緒に見てみました。

    犬とオオカミの時間(BS i )

イ・ジュンギが「一枝梅(イルジメ)」とはうってかわって、現代のアクションものに出てたのは知ってましたが、恋人が「食客」や「不良家族」のナム・サンミとは。

なかなかお似合いです。

今日は9話だったようですが、今までのあらすじを母から聞いても、なんだかちんぷんかんぷん。このドラマ、諜報員の話なので血なまぐさいけど、私には「エデンの東」よりは拒否反応が少ない。また暇な朝、一緒に見たいと思いました。


« アンデルセン・ストーリーズ | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

わあ、このドラマ私はもう見ましたよ。
ちょっと複雑なストーリーですが、ヒロインのナム・サンミのファッションがとてもセンスよく素敵だったなあ。これから、もっと楽しめるといいですね。

投稿: サンママ | 2009年10月15日 (木) 19時24分

サンママさん、コメントいつもありがとうございます。

今日は、イ・ソジンの「恋人」に出てくる律儀な子分の役の人が、このドラマでは主人公を心からお思う上司なんですが、その人が記憶を失った主人公に危険をおかしてまでも近づいて「お前はKじゃない!」ってわざわざ教えてあげたのに、何も知らない組織の人間にぐさっと刺されて死んでしまったので、ショックでした。

チャン・ドンゴンの「チング」で、組織の人間に刃物を持たせると恐ろしいのは知っていましたが、本当に残酷なんですもの!死なないで~って涙が出そうになりましたよ。

投稿: ののか | 2009年10月16日 (金) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/46489337

この記事へのトラックバック一覧です: 犬とオオカミの時間:

« アンデルセン・ストーリーズ | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »