2006年9月21日 (木)

後味2

この間から乙武さんのブログが大変なことになっている。私はこの騒動こそ、後味が悪いと思っている。紀子さんのご出産にあたり、おぎゃあと生まれたのが男の子だったということで世間が大騒ぎしていることについて、おとたけ君が短いコメントを書いたことが事の発端。とにかく気持ちの悪いことになっている。こういう現象を、「炎上」というらしいが、言論の自由はどこへいった?人権をドウ考えているのか?今の日本どうなっているのか?と私は感じた。

大抵こういう失礼なことをする人びとは、名乗らない、無責任、ただ冷やかすのである。ちゃんとした意見があり、ちゃんと反論するのなら、正々堂々とやってほしい。不特定多数の人間が目にする可能性があるというブログは、書いたものに対して共感されたり反論されることは予想しながら書くのだから、どういう反応が出てもそれに毅然と対応するか、さもなくば切って捨てるかどちらかでよい。何も謝罪するくらいなら、最初から書かないほうがいい。私はそう思っている。

かといって、批判めいたことばかり書くブログというのも訪れてくれた人が読んで気持ちが悪いだろうから、私は楽しみにしていた「純情きらり」が最近楽しみでなくなってがっかりだ、ということ以外はあまり批判めいたことは書かないつもりである。~おわり~

| コメント (0) | トラックバック (0)