2009年6月13日 (土)

春のワルツ・再び

table border="0" cellpadding="5"> オリジナル・サウンドトラック「春のワルツ」オリジナル・サウンドトラック「春のワルツ」
TVサントラ チャン・セヨン イ・ジス

ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 1049
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ふたたび Lala TV で 春のワルツを見ています。

素性に秘密をかかえた国際的ピアニスト・チェハには、忘れがたい初恋の彼女・ウニョンがいる。幼い頃韓国の青山島で過ごしたある春の季節の思い出は、♪愛しのクレメンタインのメロディーと美しい島の景色と重なって彼の心を温めるが、その後の痛々しい記憶が懐かしさをかき消す。チェハが彼女の前から姿を突然消して15年、チェハは別人として外交官の一人息子としてオーストリアで暮らしていた。一方のウニョンはチェハの実父のために生母を失い、ソウルの旅館に売られ、手術によって丈夫な体を手に入れても肩身の狭い貧しい暮らしを送っていた。アクセサリーのデザイナーとして小さなコンテストに優勝した賞金でオーストリアにやってきたウニョンは、そこでチェハと運命の再会を果たす。しかしウニョンには、失踪したスホがチェハだとはわからない。一方のチェハは、心臓手術で死んだはずのウニョン(名前を伏せていたので初めはわからなかった)を見て、幼い頃の懐かしい思い出が甦り、コンサートのアンコールで、クレメンタインを弾くのだった。コンサート会場でその曲を聴いたウニョンは、懐かしくとも苦しい記憶がよみがえり座り込む。

やっぱり私、ユン・ソクホ監督の四季シリーズの中では、これが一番好きですわnote

できれば、CDでこの世界にどっぷり浸りたいと、検索してみました。楽譜を用意して、1~2曲弾けるようにもなりたいな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

食客

今は食客を見ています。キム・レウォンは「マイ・ラブ・パッチー」の時より、ずっと大人になったけれども、相変わらずナイス・ガイでいい感じです。

このドラマ、いかにも原作がコミックという感じで、ともかく面白い。「美味しんぼ」もびっくりですわ。

私はチュモンにでてきた第2王子役の人がまたも憎まれ役で出演しているので、楽しませてもらってます。なんだか、イ・ビョンホンに似てるようなところもあるハンサムなのに、憎まれ役なのでかわいそうな気もします。

ヒロインはどこかで見た顔だと思ったら、「イブのすべて」の悪女ではありませんか。すっかりまろやかになって、いい感じです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

永遠の二人

一昨日の夢で、私は映画を観た。山口百恵が悲劇のヒロインを演じている、初めて観る映画の一場面だった。

山口百恵は戦争末期、広島で被爆してしまう。そして駆け付けた恋人・三浦友和に見つけられた時には病院で包帯を巻かれて横たわっており…。

可哀そうだった。前の晩「夕凪の街 桜の国」のことを考えたから、観たこともない映画のシーンを夢に見たのかと思う。

いずれにしても、戦争には断固反対と思う私である。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

エノキダケはその後?

エノキダケは2日間干されて存在を忘れられ、

夜まで外に出されていたが、

一応その日のうちに救出され室内に。

「おばあちゃん、ビール飲んでるんならおつまみに食べてみたら?」

と孫に言われておばあちゃん、糸のように細く茶色くひからびた干しエノキダケを口にしてみた。

感想は「おつゆのだしにしたら確かによさそうね。」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

♪愛してる

旅行先で行われたコンサートで、ギターの弾き語りで聞いた歌。

愛してる~いいね~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

わたしのワンピース

我が家に絵本タイムが戻ってきた。なんだか本当に、久しぶり。

昨晩娘が選んだ本は『わたしのワンピース』。

息子が前の晩に選んだのは、『おしいれのぼうけん』と『だってだってのおばあさん』。

私は幸せをかみしめて、眠りにおちた。いろいろあったけど、ちゃんとここに戻って来れたんだって。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

蹴りたい背中

私はまだ、綿矢りさの『蹴りたい背中』を読んだことがない。題名が嫌だ。読みたくない。

この間、22歳の男がある事件でつかまった。早朝にバイクで駅前を走っていたら路上生活者がふらふらと前を横切ったのを腹立たしく思い、追い抜きざまに蹴り倒し、男性を死亡させたのである。防犯カメラの画像から、4ヶ月で犯人逮捕にいたったわけだが、私はその動機があまりにも未熟であるために、憤りを隠せない。何をそんなにイラついたのか。赤の他人をそんなことで、まさか殺すつもりはなかったろうが、どうして勢いをつけて蹴るなんてことができるのか。

その昔、渋谷のスクランブル交差点を歩きながら、ぶつかってくる人に向かってぶつぶつ文句を言っていた私。あまりにも育児にてこずり、子どもの背中を軽くだけど蹴ったことのある私。今だってどうしようもないことがあると、イライラして大声を出す私。

こんな私が言えるようなことではないけれど、でもでもやっぱり、背中は蹴るためにあるのではない。人の背中はその人の人生を表しているのだから、大切にしなくてはいけない。過去の自分の罪を悔やみながら、これからは私は、背中を大切にする生き方をしたいと思った。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

おせち

うっかり忘れてました。おせち料理の準備。

っていったって、クリスマスが終わるまでは、何にも余計なことはできないんだけど…心積もりだけは…要りますね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ホームアローン2

昨晩これを見たため、子どもたちは寝不足。

けらけらと楽しそうだったけど、やっぱり終わるのが11時じゃ遅すぎる。

これからは、ビデオ借りてくればいいんだからね、と説得して、もっと早く眠る習慣に戻らなくては。

いつからこんな時間まで起きてるようになったんだろう。

私の気持ちが緩みすぎなのかもしれないなあ。反省、反省。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ホーム・アローン

クリスマスが近いということで、今晩の金曜ロードショーは「ホーム・アローン」をやっている。「明日は土曜だからいいでしょ?」と子どもたちは大笑いして観ている。もうすぐ11時だよ…。まあいいか。怒るのは疲れたし…。

それにしても、さっきからケビンの声がしんちゃんの声に聞こえるんだけど…。やっぱり、調べてみたら野原しんのすけ(クレヨンしんちゃん)の声優;矢島晶子がケビンの声を担当しているのだった。

ああこの映画、面白いことは面白いけれど、ちょっと悪ふざけが過ぎないか?やりすぎ。私は観ていられない…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧